2021/10/07 14:53

福祉サービス事業所「Do(ドゥ)」(福島県いわき市内郷地区)のハーバリウムは、利用者が一つ一つ丁寧にオリジナルの作品を仕上げています。仲間と相談し合ってデザイン性を高め、作り手ごとに個性を発揮。毎回楽しさや達成感を感じて制作に励んでいます。
 


* ハーバリウムができるまで
ハーバリウムはビンの中に花や多彩な材料を入れて飾り、専用のオイルを注入して仕上げるインテリア。光が透過するとキラキラ輝き、見る角度によっても表情が変わります。作り手はまず完成をイメージし、花や材料を選んでビンの中で組み合わせ、そのイメージに近づけるように彩ります。



↑ビンに材料を入れて飾ります
 
* 丹精込めて制作
取材した日、ハーバリウムの材料はセンニチコウやカスミソウ、砂、貝殻、ビーズ、ラメ、パールなどがずらり。利用者3人が制作していました。高さ17センチの細長い角ビンの中に思い思いの世界を表現するため、先の長い特殊なピンセットを器用に動かします。花の向きや角度などを細かく調整し、まるで生け花のよう。濃淡のある青とピンクのセンニチコウは形も様々で、いくつもある中からイメージに合う花を選び、容器に入れていきます。ビーズを真剣な表情で見つめ、お気に入りを見つけては一粒一粒ピンセットで入れていく利用者もいました。
 

↑スタッフから意見をもらいながら作業




* 作業中は和やかムード
創作活動は和やか。飾りにプラスチック板でできたサクラの花びらを選んだ利用者は、「チョウチョにも見える。どう、きれい?」と言い、他の利用者と話が弾んでいました。ある程度完成した段階で、仲間同士で作品を見せ合ってアドバイス。上部スペースに空きができた利用者は「何か物足りないよね」と相談し「キラキラがあってもいいかも」とラメを勧められ、容器に入れてみると満面の笑みを見せていました。その後オイルを注入し、ズレたところをピンセットで手直しして完成。フタを閉め、リボンを付けて仕上げました。
 


↑オイルを入れます



↑オイルを入れてからまた微調整


↑フタをしてリボンを付けて完成

* 「楽しい」「達成感がある」
作り終えた利用者は「楽しい」「達成感がある」と充実した表情。「オイルを入れた時に色が鮮やかになって、息吹きが吹き込まれた感じがする。その時は感動する」と笑顔で作る楽しさを語っていました。この日作ったのは3作品。休憩中にスイーツ話で盛り上がった明るい利用者の作品名は「ピンクフラワー」。「中央に配置したカスミソウがポイント」と話す。ピンクのカスミソウがラメでキラキラ輝きます。仲間に積極的にアドバイスしていた利用者の作品は「ホワイティッシュブルー」。本日の「主役」にしたパールをビンの底に沈め、「全体を見て宝物を見つけた気分を味わってほしい」と遊び心を込めています。花の向きと表情にこだわっていた利用者の作品は「涼香(りょうか)」。「一番下の花がお気に入りの色」とアピールし、重ねられたセンニチコウが美しいブルーのコントラストを見せています。

*完成品*

↑左から「ホワイティッシュブルー」「ピンクフラワー」「涼香(りょうか)」

*ピンクフラワー*


*ホワイティッシュブルー*


*涼香(りょうか)*


**Do**
事業所紹介の記事:****

*事業所概要*
住所:福島県いわき市内郷御厩町3丁目75-6
提供サービス:就労継続支援B型、就労移行支援
利用時間:B型が午前9時半〜午後3時半、就労移行が午前10時〜午後3時半
定員:B型が14人、就労移行が6人
電話:0246-51-6033
メール:dodo@ka2.so-net.ne.jp
ホームページ:***
ご利用者様が更新しているブログ:***
インスタグラム:***

PICK UP

オリジナルLINEスタンプ

オリジナルLINEスタンプ

「うさぎかかし」「やまいの森アニマルズ」のLINEスタンプです!

VIEW DETAIL
「うさぎかかし」キーホルダー

「うさぎかかし」キーホルダー

¥2400

2期生メンバー・ヒロくんが描くオリジナルキャラクター「うさぎかかし」でデザインしたキーホルダー。1期生・つばさがカラーリングしています。

VIEW DETAIL
花シリーズつばさキャンバス画・秋桜

花シリーズつばさキャンバス画・秋桜

¥2900

花シリーズのキャンバス画は「アジサイの咲く頃」と合わせて2種用意。飾るスタンドの木製イーゼル付き。お部屋のインテリアにいかがでしょうか?

VIEW DETAIL

商品に関するお問い合わせなどは気軽にご相談ください